2006年11月09日

ピンク・フロイド <ディスコグラフィー> 5

実験的な音楽性や、スペクタクル性に富んだライブ、(70年代の作品では)現代社会における人間疎外や政治問題をテーマにした文学的・哲学的な歌詞で人気を博した。芸術面で高い評価を得ながらメガ・セールスを記録した稀有なバンドである。クラシックやジャズの素養を持った技巧派の奏者が多いプログレッシブ・ロックの中にあって、ブルースを出発点とする(結成当初はブルースバンドだった)彼らの演奏技術は決して高い方ではないが、その音楽は独自の浮遊感・陶酔感を湛えている。


夜明けの口笛吹き - The Piper at the Gates of Dawn (1967.8)  全英6位
神秘 - A Saucerful of Secrets (1968.6)  全英9位
モア - More (1969.7)  全英9位・全米153位
ウマグマ - Ummagumma (1969.10)(スタジオ+ライヴ)  全英5位・全米74位
原子心母 (Atom Heart Mother)(1970.10)  全英1位・全米55位
ピンク・フロイドの道 - Relics (1971.5)(コンピレーション)  全英32位・全米152位
おせっかい - Meddle (1971.11)  全英3位・全米70位
雲の影 - Obscured by Clouds (1972.6)  全英6位・全米46位
狂気 - The Dark Side of the Moon (1973.3)  全英2位・全米1位
 ※超ロングセラーを記録したアルバム。
 ビルボード200位以内に15年間チャートインした怪物である。
 レコード発売数をカウントされるようになってからの最高売り上げ枚数は
 マイケル・ジャクソンの『スリラー』だが、それ以前に発売された為正確
 な枚数はわからないが、歴史上最も売れたアルバムとされている。
・ナイス・ペア - A Nice Pair (1973.12)(コンピレーション)  全英21位・全米36位
炎〜あなたがここにいてほしい- Wish You Were Here (1975.9)  全英・全米1位
アニマルズ - Animals (1977.1)  全英2位・全米3位
ザ・ウォール - The Wall (1979.11)  全英3位・全米1位
時空の舞踏 - A Collection of Great Dance Songs (1981.11)(コンピレーション)
 全英37位・全米31位
・ワークス〜ピンク・フロイドの遺産 -Works(1983)(コンピレーション)
ファイナル・カット - The Final Cut (1983.3)  全英1位・全米6位
- A Momentary Lapse Of Reason (1987.9)  全英・全米3位
光-PERFECT LIVE! - Delicate Sound Of Thunder (1988.1) (ライヴ)  全英・全米11位
シャイン・オン - Shine On (1992.11.2)(CD-BOX)
- The Division Bell (1994.3)  全英・全米1位
p・u・l・s・e - Pulse (1995.6) (ライヴ)  全英・全米1位
ザ・ウォール・ライブ アールズ・コート 1980-1981 - Is There Anybody Out There?
 : The Wall -Live Earls Court 1980-1981 (2000.3) (ライヴ)  全英15位・全米19位
エコーズ〜啓示 ザ・ベスト・オブ・ピンク・フロイド - Echoes : The Best Of Pink Floyd
  (2001.11)(コンピレーション)全英・全米2位
Back Against THE WALL ~PINK FLOYD Tribute Album~

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
INDEX
[PR]



シマンテックストア

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ

Thanks! Comments
Profile
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor 天気
livedoor 天気
Archives
QRコード
QRコード
TagCloud
  • ライブドアブログ