プログレ関連情報

2009年11月04日

プログレッシブロック:ジェネシスのライヴ・アルバムが紙ジャケ化

 英国のプログレッシヴロック・バンド、ジェネシス(Genesis)のライヴ・アルバムが紙ジャケット仕様で再発されます。
 
 対象となるのは、
『Genesis Live(ライヴ)』(1973年/VJCP-68900)
『Seconds Out(眩惑のスーパー・ライヴ)』(1977年/VJCP-68901〜2)
『Three Sides Live(スリー・サイズ・ライヴ)』(1982年/VJCP-68903〜4)
の3タイトル。
また、オリジナル・リリース当時は『The Way We Walk, Volume One: The Shorts』(1992年)と『The Way We Walk, Volume Two: The Longs』(1993年)の2枚連作で発売された作品を、曲順をライヴ演奏通りに再編成した『ザ・ウェイ・ウィ・ウォーク』(VJCP-68905〜6)も対象です。
 
 いずれも2009年最新デジタル・リマスタリング音源を採用、UKオリジナルLP盤ジャケットを忠実に再現した紙ジャケ化です。発売は12月23日。プログレ・レジェンドの名演の数々を新たな仕様でもお楽しみください!
 
ジェネシス / ライヴ [紙ジャケット仕様]
VJCP-68900 税込2,600円 
発売日:2009/12/23

ジェネシス / セカンズ・アウト(眩惑のスーパー・ライヴ) [紙ジャケット仕様]
VJCP-68901〜2 税込3,670円 
発売日:2009/12/23

ジェネシス / スリー・サイズ・ライヴ [紙ジャケット仕様]
VJCP-68903〜4 税込3,670円 
発売日:2009/12/23

ジェネシス / ザ・ウェイ・ウィ・ウォーク [紙ジャケット仕様]
VJCP-68905〜6 税込3,670円 
発売日:2009/12/23

※iTunes、Napsterは該当アーティストのページが表示されます(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
 
≪ジェネシス ライヴ・アルバム 紙ジャケ≫
*12月23日発売。
*2009年最新デジタル・リマスタリング音源
*UKオリジナルLP盤ジャケットを忠実に再現した紙ジャケット仕様。
*日本オリジナル紙ジャケット仕様。
 
●『ライヴ』
VJCP-68900 税込2,600円
 
●『セカンズ・アウト(眩惑のスーパー・ライヴ) 』
VJCP-68901〜2 税込3,670円
 
●『スリー・サイズ・ライヴ』
VJCP-68903〜4 税込3,670円
 
●『ザ・ウェイ・ウィ・ウォーク』
VJCP-68905〜6 税込3,670円
-------------------------------------
Seconds Out [Live] [Original recording remastered] [Import] [from US]

[曲目リスト]
ディスク:1
1. Squonk
2. Carpet Crawl
3. Robbery, Assault and Battery
4. Afterglow
5. Firth of Fifth
6. I Know What I Like
7. Lamb Dies Down on Broadway
8. Musical Box (Closing Section)
ディスク:2
1. Supper's Ready
2. Cinema Show
3. Dance on a Volcano
4. Endos

CDJournal


にほんブログ村 音楽ブログへ

Seconds Out
Seconds Out
クチコミを見る


「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。


2009年11月03日

FANTASMAGORIA-ヴァイオリン プログレッシブ ロックバンド in 楽器フェア

09年11月05日(木) 神奈川県横浜市 パシフィコ横浜・展示ホール
開場10:00/開演10:00 前売り800円/当日1000円


FANTASMAGORIA-ヴァイオリン プログレッシブ ロックバンド が
11月5日(木)〜8日(日)まで 連日開催される
2年に一度の 国内最大の楽器イベント:
「楽器フェア」 にて演奏します。 ぜひ、お越しください。
http://musicfair.jp/

演奏場所:2009楽器フェア Roland ブース内 ライブ・キャビン
イベント プログラム: FANTASMAGORIA 詳細ページ
http://www.roland.co.jp/event/GakkiFair2009/


バイオリンをフィーチャーした プログレッシブ・ロック・インスト・バンドが登場。
ローランド/ ボス・プロダクツを駆使したそのサウンドはもちろん、
美しいメロディによるクラシカルな優美さと、迫力の演奏をお楽しみください!
事情により、ヴァイオリン藤本美樹は アコースティック ヴァイオリンを演奏します。

FANTASMAGORIA 演奏日程:
11月5日(木)16:00
11月6日(金)13:30、16:00
11月7日(土)13:30
11月8日(日)13:30


ヴァイオリン プログレッシブ ロックバンド
FANTASMAGORIA

藤本美樹(ヴァイオリン)
尾崎淳平(ギター)
小谷竜一(キーボード)
北尾直樹(ベース)
諏訪政孝(ドラム)

FANTASMAGORIA HP http://fantasmagoria.info


開催日:2009年11月5日(木)〜8日(日)
開催時間:10:00〜18:00(4日間共)
会場: パシフィコ横浜・展示ホール
http://www.pacifico.co.jp/
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
入場料金:当日券 1,000円 前売り券 800円(消費税込)
*高校生以下、70歳以上入場無料、開催期間中1日間有効
チケット販売:首都圏主要楽器店、セブン・イレブン、ローソンチケット Lコード:39145、
ファミリーマート、ampm、サークルK、サンクス、チケットぴあ Pコード:986-583、CNプレイガイド

MUSIN

にほんブログ村 音楽ブログへ

「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。「電話は2番」になったのは、「肉は1番、電話は2番」と宣伝して、その味と共に評判になっている大阪のすき焼きの宣伝文句にヒントを得ました。カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました


2009年11月01日

仏プログレのマグマ、5年ぶりのニュー・アルバムをリリース

エメンテト・レ(DVD付)
エメンテト・レ(DVD付)
クチコミを見る
今年5月に行なわれた来日公演も記憶に新しい、フランスを代表するプログレッシヴ・ロック・バンドのマグマ(MAGMA)より朗報が到着! ファン待望のニュー・アルバムが日本でも発売されます。
 
前作『K.A コンタルコス・アンテリア』(2004年)から約5年ぶりとなるスタジオ・アルバムで、タイトルは『エメンテト・レ(Emehntehtt-Re)』。70年代から構想を練り続けた超大作で、全曲ともにクリスチャン・ヴァンデ(Christian Vander)による作詞・作曲。全4曲からなる組曲「Emehntehtt-Re」の一部はバンドの公式サイト内にて試聴可能です。
 
 アルバムには、およそ60分のメイキング映像を収めたDVDが付属。国内盤(SJAK-35 税込3,675円/帯、日本語ライナー付き/盤は輸入盤を使用)は11月20日リリースで、クリスチャン・ヴァンデ自身によるコメント(翻訳付き)が掲載された1万字超えの解説書も同梱されます。ついに陽の目を見る超大作『エメンテト・レ』、アナタもぜひご体験を!

●『エメンテト・レ(Emehntehtt-Re)』
*国内盤(SJAK-35 税込3,675円/帯、日本語ライナー付き/盤は輸入盤を使用):11月20日発売
 
≪CD≫
01. Emehntehtt-Re I (6:53)
02. Emehntehtt-Re II (22:25)
03. Emehntehtt-Re' III (13:06)
04. Emehntehtt-Re IV (3:54)
05. Funehrarium Kahnt (4:19)
06. Sehe (0:27)

CDJournal

にほんブログ村 音楽ブログへ

[PR]
お勧めです!!
「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。「電話は2番」になったのは、「肉は1番、電話は2番」と宣伝して、その味と共に評判になっている大阪のすき焼きの宣伝文句にヒントを得ました。カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました


2009年10月27日

ジェネシス、DVD5枚組のライヴ映像集をリリース 3

ジェネシスファンに最新情報です!

ボックス・セットのリリースが続いている、英国のプログレッシヴ・ロック・バンド、ジェネシス(Genesis)より、新たなボックス・セットが到着! ライヴ映像をセットにしたDVD5枚組の『The Movie Box 1981-2007』(写真)が発売されます。
 
5枚のうち4枚のディスクは、『Three Sides Live』(1982年)、『Genesis Live - The Mama Tour』(1984年)、『Genesis Live At Wembley Stadium』(2003年)、『Genesis: The Way We Walk - Live In Concert』(2002年)という過去にVHSとして発売されたライヴ映像をDVD化したもので、いずれも音源には新たに制作された5.1chサラウンド・サウンドとドルビー・デジタル・サウンド・ミックスを採用。また『Three Sides Live』にはオーディオ・トラックが、『Mama Tour』にはフィル・コリンズによる「The Making Of The Mama Album」が、『Live At Wembley Stadium』にはツアー・ドキュメンタリーが、それぞれボーナス要素として追加されます。
 
ディスク5は、1999年12月に海外で放映されたバンドのドキュメンタリー『VH1 Behind The Music Special』の2009年アップデート版で、歴代のメンバーがバンド結成時からの32年間を振り返っています。
 
●『The Movie Box 1981-2007』
≪DVD1:Three Sides Live≫
・Behind the Lines
・Duchess
・Misunderstanding
・Dodo/Lurker
・Abacab
・No Reply At All
・Whodunnit?
・In the Cage (Medley)
- Cinema Show
- Slippermen
・Afterglow
・Me & Sarah Jane
・Man On The Corner
・Turn It On Again
 
*Extra - Full length versions AUDIO only:
・Behind The Lines
・Duchess
・Me & Sarah Jane
・Man On The Corner
・One For The Vine
・The Fountain Of Salmacis
・Follow You Follow Me
 
≪DVD2:The Mama Tour≫
・Abacab
・That's All
・Mama
・Illegal Alien
・Home By The Sea
・Second Home By The Sea
・Keep It Dark
・It's Gonna Get Better
・In The Cage (Medley)
- Cinema Show
- In That Quiet Earth
- Slippermen
・Afterglow
・Drum Duet
・Turn It On Again (Medley)
- Everybody Needs Somebody (To Love)
- Satisfaction
- Twist And Shout
- All Day And All Of The Night
- Baby Let Me Take You Home
- Karma Chameleon
- Every Breath You Take
- Pinball Wizard
- In The Midnight Hour
- Turn It On Again
 
*Extra - The Making Of The Mama Album documentary by Phil Collins
 
≪DVD3:Live At Wembley Stadium≫
・Mama
・Abacab
・Domino
- In The Glow Of The Night
- The Last Domino
・That's All
・The Brazilian
・Land Of Confusion
・Tonight, Tonight, Tonight
・Throwing It All Away
・Home By The Sea
・Invisible Touch
・Drum Duet
・Los Endos
・Turn It On Again (Medley)
- Everybody Needs Somebody (To Love)
- Satisfaction
- Twist & Shout
- Reach Out And I'll Be There
- You've Lost That Loving Feeling
- Pinball Wizard
- In The Midnight Hour
- Turn It On Again
・Do The Neurotic (credits)
 
*Extra - Visible Touch (Tour Documentary)
 
≪DVD4:The Way We Walk≫
・Land Of Confusion
・No Son Of Mine
・Driving The Last Spike
・Old Medley
- Dance On A Volcano
- Lamb Lies Down On Broadway
- The Musical Box
- Firth Of Fifth
- I Know What I Like
- That's All
- Illegal Alien
- Follow You, Follow Me
・Fading Lights
・Jesus He Knows Me
・Dreaming While You Sleep
・Home By The Sea
・Hold On My Heart
・Domino
- Domino Principle
- In The Glow Of The Night
- The Last Domino
・The Drum Thing
・I Can't Dance
・Tonight, Tonight, Tonight
・Invisible Touch
・Turn It On Again
 
≪DVD5:VH1 Behind The Music Special≫

CDJournal

にほんブログ村 音楽ブログへ

カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました


2009年09月27日

ロバート・フリップも参加! 「21世紀のスキッツォイド・マン」のカヴァー・シングルが発売

 キング・クリムゾン(King Crimson)の名曲「21世紀のスキッツォイド・マン(21st Century Schizoid Man)」をロバート・フリップ参加でカヴァーしたシングルが、iTunesやナップスターなどにて先日より有料配信されています。
 
 同曲をカヴァーしたのは、The Human Experimenteというユニットで、フリップとはデュオ・プロジェクト、Fayman & Frippでコンビを組んだ英国の作曲家ジェフリー・フェイマンを中心としたプロジェクトです。今回のシングルがユニット初のリリース作品で、同カヴァーには、ギターで参加したフリップのほか、トゥールのメイナード・ジェイムス・キーナン(vo)がヴォーカルで参加しています。
 
 なお、ユニットは2010年にアルバムも発表する予定。同作にはフリップやキーナンのほか、ジョン・ウェットン、エイドリアン・ブリューなども参加しているそうです。完成を心待ちにしていましょう!

CD Journal

The Human Experimente - 21st Century Schizoid Man (feat. Robert Fripp, Maynard Keenan, Jeff Fayman) - Single - 21st Century Schizoid Man



2009年09月07日

カンサス、オーケストラを招いた35周年記念ライヴをDVD/CD化! 4

 米プログレッシヴ・ロック・バンド、カンサス(Kansas)の最新ライヴ作品がリリース決定! 今年にデビュー35周年を迎えたバンドの記念コンサートの模様がDVD&CD化されます。

 本作『There's No Place Like Home』には、2009年2月7日にバンドの地元カンサス州トピカにあるウォシュバーン大学で行なわれたライヴの模様を収録。当日はケリー・リヴグレンやスティーヴ・モーズといった前メンバーに加え、同大学のオーケストラ(50人編成)も招いたスペシャルなステージとなっています。

 まだトラックリストなどは未定なものの、バンドの公式サイト内では本作からの映像の一部が公開中。発売まで待てないアナタならチェックをお忘れなく! 発売はDVD版、CD版ともに10月23日(米国)を予定しています。

CDJOURNAL

2009年08月27日

スティーヴ・ハウ、シリーズ最新作も含めたホームブリュー・コンプリート・ボックスをリリース 3

 イエスやエイジアなどでの活躍で知られる、プログレッシヴ・ロック・シーンの重鎮ギタリスト、スティーヴ・ハウ(Steve Howe)。

ファンにはお馴染みの秘蔵音源集シリーズ“ホームブリュー(Homebrew)”が再び。新作であるシリーズ第4弾と、これまでの3枚をセットにしたCD4枚組のコンプリート・ボックス『コンプリート・オブ・ホームブリュー』(ARC-1151〜4 税込7,875円)が10月10日にアルカンジェロより発売されます。

 同シリーズにはこれまで、ソロ・アルバムやイエス、エイジア、ABWH、GTRなどのために自宅の8トラックで録音した未発表のデモ音源が収められていました。
 資料によれば、今回の第4弾は新録音となるようで、“エイジア、イエス、GTRの名曲をスティーヴ・ハウ流にアレンジ”しているようで、また“録音機材も充実していることから、従来のデモ・テープ集とは異なる完成度の高い作品に仕上がっています”とのこと。

 国内盤は最新マスターを使用した国内プレス盤。またハウ本人よるライナーノーツが掲載されたブックレットも付属される予定です。
 “ハウ研究者”のみならず、イエスやエイジアのファンでも十分に楽しめるという第4弾。アナタも体験してみては? 

●『コンプリート・オブ・ホームブリュー(ホームブリューBOX)』
(ARC-1151〜4 税込7,875円):10月10日発売
 
≪ディスク1:HOMEBREW 1≫
01. Sketches in the Sun
02. Sharp on Attack
03. The Valley of Rock
04. Georgia's Theme
05. Dorothy
06. Meadow Rag
07. At the Full Moon
08. Never Stop Learning
09. Red and White
10. More About You
11. Rare Birds
12. Big Love
13. Running in the Human Race
14. Barren Land
15. Against the Tide
16. Breakaway From It All
17. For This Moment
 
≪ディスク2:HOMEBREW 2≫
01. Masquerade
02. Success Story
03. Together
04. Rhythm of the Road
05. Separate Ways
06. Sun Carnival
07. Riviera
08. Sleepless in the City
09. The Spiral
10. The Serpentine
11. The Go Between
12. Follow Your Heart
13. Beginnings
14. Surface Tension
15. Every Time You Look Over Your Shoulder
16. Cactus Boogie
17. Resistance Day
18. Wayward Course
19. Spanish Heritage
20. Outlawed
21. Mules' Head Stomp
 
≪ディスク3:HOMEBREW 3≫
01. Turbulence
02. Hint Hint
03. The Main Title
04. Just Passing Phase
05. Suddenly
06. Kind Of Friends
07. Pyramidology
08. In Course Of The Day
09. Family Tree
10. Solar Winds
11. In Your World
12. No Deceiving
13. From Door To Door
14. Cruise Control
15. It's Too Late
16. Seven Castles
17. Between Your Smiles
18. Reaching Out
19. The Last Word
20. Getting Through
21. Outlawed
 
≪ディスク4:HOMEBREW 4≫
01. Beginnings (Themes)
02. The Inner Battle
03. Take It In Hand
04. Mainland
05. Distant Seas
06. Wayward Course (full)
07. Georgia's Song
08. Solar Winds 2
09. High Flyer
10. Sensitive Chaos
11. Really Know
12. White
13. Up Above Somewhere
14. Closer Than Before
15. Lily's In The Field
16. Have You Forgotten Love?
17. Go To This
18. What Am I?
19. Nothing To Cry For
 
※ディスク4の曲目は予定です。

CDJournal

にほんブログ村 音楽ブログへ

「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。「電話は2番」になったのは、「肉は1番、電話は2番」と宣伝して、その味と共に評判になっている大阪のすき焼きの宣伝文句にヒントを得ました。カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました

2009年08月15日

リック・ウェイクマン、『ヘンリー八世の六人の妻』を宮殿で披露した2009年ライヴをCD化 3

 イエスのキーボード奏者として名を馳せた、プログレッシヴ・ロック・シーンの重鎮キーボーディスト、リック・ウェイクマン(Rick Wakeman)。今年5月、1973年発表のソロ作『ヘンリー八世の六人の妻(The Six Wives of Henry VIII)』をステージ上で再演した貴重なライヴがCD作品として発売されます。

 本作『The Six Wives Of Henry VIII (Live At Hampton Court Palace)』(写真)には、ロンドン・ハンプトンコート宮殿にて2009年5月1日、2日の2夜連続で行なわれたスペシャル・ライヴの模様を収録。『ヘンリー八世の六人の妻』からの楽曲を中心とした構成で、全9トラックが収録されます。発売は英国にて10月5日。

 『ヘンリー八世の六人の妻』を表現するに最も相応しい場所である“宮殿”での記念すべきステージ。歴史的瞬間をCD作品として追体験してみては?

[曲目リスト] 
●『The Six Wives Of Henry VIII (Live At Hampton Court Palace)』
01. Tudorture/1485
02. Catherine Of Aragon
03. Kathryn Howard
04. Jane Seymour
05. Defender Of The Faith
06. Katherine Parr
07. Anne Of Cleves
08. Anne Boleyn
09. Tudorock

CD Journal

The Six Wives of Henry VIII: Live at Hampton Court Palace
The Six Wives of Henry VIII: Live at Hampton Court Palace
クチコミを見る


にほんブログ村 音楽ブログへ

「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。


プログレッシヴ・メロディックパンク!?ニュー・カマーTHE SYNCOPE THRESHOLDが日本デビュー! 4

 メロディックパンク・バンドを母体としながら、テクニカル/プログレッシヴ・メタル、ブルータルデス、スクリーモなどの要素をこれでもか!と詰め込んだニューカマー、カリフォルニアのTHE SYNCOPE THRESHOLD(ザ・シンコピー・スレッショールド)。
 1stフル・アルバム『Tale Of The Complex Circuit』をリリース! ボーナス・トラック収録の国内盤(GR-07 税込1,980円)で日本デビューを果たします。
 
 THE SYNCOPE THRESHOLDは、2006年結成の5人組。BLINK182(ブリンク182)、BETWEEN THE BURIED AND ME、BRIGHT EYES(ブライト・アイズ)、THE HUMAN ABSTRACT(ザ・ヒューマン・アブストラクト)、PINK FLOYD(ピンク・フロイド)などから影響を受けていると語る彼ら。
 幅広い音楽嗜好をプログレッシヴかつ疾走感溢れる楽曲に落とし込んだ、ごった煮プログレッシヴ・メロディックパンクとも言うべきサウンドです。
THE HUMAN ABSTRACT、PROTEST THE HERO(プロテスト・ザ・ヒーロー)ファンはもちろん、引きまくるパートはメロディック・スピードメタル・ファンの琴線にも触れそうな勢い。目まぐるしく展開するTHE SYNCOPE THRESHOLDワールド、ぜひご一聴あれ!
 
 ボーナス・トラックには、彼らが注目を集めるきっかけとなった2007年の6曲入りEP『End Of The Beginning』を全曲収録! これはお得です!
 
[内容紹介]
2007年にリリースされたデビューEPが放ったインパクトとポテンシャルの高さで、アメリカ国内はもちろん、日本でも一躍注目の的となった、カリフォルニア出身のTHE SYNCOPE THRESHOLD待望のデビューアルバム!
PROTEST THE HERO、THE HUMAN ABSTRACTに続く存在と目させる彼らは、メタリックかつプログレッシブでありながら、なおかつメロディックハードコア/パンクにも通じるキャッチーさと疾走感がブレンドされた、オリジナリティ溢れる独創的なスタイルが売りのバンドだ。
EP時代よりも、プログレッシブさと深みを増した今回のアルバムは、メタルコア、ポストハードコア、メロディックパンク/ハードコア、スクリーモ等、幅広いジャンルのファン層に強くアピールする内容に仕上がっている。 国内盤にはボーナストラックとして、彼らの記念すべきデビューEPに収録された全6曲が丸々収録されている。

[アーティストについて]
カリフォルニア州La Verneを拠点に活動したメロディックパンクバンドUNFINISHED BUSINESSが前身バンドとなり、同バンド解散後の2006年に、主要メンバーだったTom Borboa (Guitar)、Ron Tole (Bass)、Mike Tole (drums)の3人が、Joe Garcia(Vocals)とRyan Cano (Guitar)の2人を迎えいれ、新たに結成したのがこのTHE SYNCOPE THRESHOLDだ。
BLINK 182、PINK FLOYD、BETWEEN THE BURIED AND ME、THE HUMAN ABSTRACT、BRIGHT EYES等から強く影響を受けたとメンバーが語るように、メロディックパンク、プログレッシブメタルコア、ポストハードコア等、非常に幅広いジャンルのエッセンスを詰め込んだ、メロディックかつプログレッシブなスタイルのサウンドが彼らの特徴である。
2007年にリリースされた自主制作6曲入りEP"End of the Beginning"が、アメリカのAMP誌に「オリジナリティ溢れる素晴らしい作品」と絶賛され、彼らの注目度は一気に高まった。盟友CRY HAVOC等との数え切れないツアーの後、2008年にハリウッドに拠点を構える新興レーベル、RAZORHEART RECORDSと契約し、製作に半年以上の時間をかけて完成したのが、今回リリースされるデビューアルバムTale Of The Complex Circuitだ。


[曲目リスト] 
THE SYNCOPE THRESHOLD『Tale Of The Complex Circuit』
01. Prelude
02. Definitive Behavior
03. Sunflower Avenue
04. I, Harlequin: Exodus
05. The Day I Died (Immunization)
06. Speak Now Or Forever Hold Your Peace
07. I, Harlequin: Our Unfolding
08. My Dear Inertia
09. The Conchoid Of Truth... In Blood
10. Alone In The Addict
11. I, Harlequin: Dissolution
12. Manipulate The Strains*
13. Reticent Not Refined*
14. Translucent*
15. Discretion Is Advised*
16. What's Left Wasn't Enough*
17. A Faceless Enemy*
*国内盤ボーナス・トラック

CD Journal

にほんブログ村 音楽ブログへ

Tale Of The Complex Circuit
Tale Of The Complex Circuit
クチコミを見る


「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。


2009年07月19日

「月の歌」と言えば? 3

7月22日の天気が非常に気になるところではあるが、皆既日食を目前に、「月の歌」と言えばどの曲か、カラオケリクエストランキングを調べてみた。

◆「月の歌」カラオケリクエストランキング表

タイトルに「月」などが含まれる楽曲のカラオケリクエストランキング調査を実施した第一興商によると、1位は絢香の「三日月」、2位は倖田來未の「Moon Crying」、3位はJanne Da Arcの「月光花」という結果に。

J-POPの人気の高さを示す順当な結果と言えそうだが、TOP20には、昭和14年に発表された田端義夫の「大利根月夜」から、2009年5月に発売された嵐の「Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜」までがランクインするという、年代もジャンルも幅広い層の楽曲が名を連ねている。

バンドものから演歌まで、しっとり系からアゲアゲ系まで、ド派手系からド渋系まで、このあまりに広いバラエティさ…この20曲を全部歌える人が果たしているものだろうか。このばらつき具合こそ、360度方位の国民の支持曲が象徴的に表面化したようで、カラオケが全国民に広く支持されていることを端的に表わしていると言えそうだ。ピンク・フロイドの「Dark side of the moon」を40分かけて歌い切る猛者は…いないか。つーか、そんなカラオケないか。

1 三日月/絢香
2 Moon Crying/倖田來未
3 月光花/Janne Da Arc
4 月の雨/真咲よう子
5 Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜/嵐
6 ムーンライト伝説/DALI
7 今夜月の見える丘に/B'z
8 月夜舟/瀬川瑛子
9 月光/鬼束ちひろ
10 今宵、月が見えずとも/ポルノグラフィティ
11 今宵の月のように/エレファントカシマシ
12 鏡花水月/The SHIGOTONIN
13 月がとっても青いから/菅原都々子
14 月のしずく/RUI
15 大利根月夜/田端義夫
16 月のあかり/桑名正博
17 月灯りの下で/MONGOL800
18 夕月/黛 ジュン
19 恋月夜/森 進一
20 残月はぐれ節/水沢明美

調査期間 2009年6月1日〜6月30日
上記のランキングは通信カラオケDAMシリーズ全機種の総合歌唱度数によるもの。

msn Music

にほんブログ村 音楽ブログへ

The Dark Side of the Moon
The Dark Side of the Moon
クチコミを見る


2009年07月16日

キング・クリムゾン CD+DVDオーディオの40周年記念盤、第1弾は『レッド』! 4

 キング・クリムゾン(King Crimson)のデビュー40周年を記念したスペシャル・アイテムが発売決定! プログレッシヴ・ロック史を飾る名作の数々が新たに40thアニヴァーサリー・エディションとなってリリースされます!
 
 第1弾は、ロバート・フリップ、ジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォードの3人が核となって制作された、1974年発表の『レッド(Red)』(写真)。CDにはオリジナル収録の5曲に加え、「レッド」「堕落天使(Fallen Angel)」のトリオ・ヴァージョンと、「神の導き(Providence)」のフル・ヴァージョンを収録。また今回の再発にはDVDオーディオが付属され、ロバート・フィリップ製作総指揮のもと、ポーキュパイン・ツリーのスティーヴン・ウィルソンがミックスダウンを手がけた5.1 Surround Soundと、Hi-Res Stereoが収録。DVDオーディオにはまた、CDに追加される3曲のほか、「Journey to the Centre of the Cosmos」がボーナス・トラックとして収録。さらに映像コンテンツとして、1974年に撮影されたフランスのテレビ番組でのパフォーマンスも収められます。『レッド』の発売は英国にて9月21日予定。
 
 なお、引き続き、10月12日には『クリムゾン・キングの宮殿(In the Court of the Crimson King)』が、10月26日には『リザード(Lizard)』が、同様の仕様でそれぞれリリースされる予定。また他のタイトルについても今後随時リリースされる予定です。

 
●『レッド(Red)』
≪CD≫
Features the original album plus three extra tracks, stunning pre-overdub trio versions of Red & Fallen Angel and the full version of Providence.
 
1. Red
2. Fallen Angel
3. One More Red Nightmare
4. Providence
5. Starless
 
【ボーナス・トラック】
6. Red (trio version)
7. Fallen Angel (trio version)
8. Providence - (full version)
 
≪DVDオーディオ≫
Features the original album in Hi-Res Stereo and 5.1 Surround Sound editions, with the three additional tracks from the CD plus Journey to the Centre of the Cosmos also available in Hi-Res Stereo. The trio version of Fallen Angel and the full versions of Providence and Journey to the Centre of the Cosmos are also available in 5.1 Surround Sound.
 
*Video footage
Rarely seen footage from French TV from 1974 featuring performances of Larks’ Tongues in Aspic II, The Night Watch, Lament & Starless

CDジャーナル

Red
Red
クチコミを見る


にほんブログ村 音楽ブログへ

「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。「電話は2番」になったのは、「肉は1番、電話は2番」と宣伝して、その味と共に評判になっている大阪のすき焼きの宣伝文句にヒントを得ました。カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました

2009年07月07日

ソフト・マシーンの初期作2タイトルがリマスター盤化 4

 知的でひねくれたポップ感覚の“カンタベリー”一派の原点ともいえる名バンド、ソフト・マシーン(The Soft Machine)。
同バンドの初期作2タイトルがリマスター盤として再発されます。

 対象となるのは、記念すべきデビュー作『ソフト・マシーン』(1968年/写真)と、2nd『ヴォリューム2(Volume Two)』の2タイトル。いずれも英Polydorによる企画で、最新デジタル・リマスタリングを施してのリリースです。
またデビュー作には、バンドの1stシングル「Love Makes Sweet Music」と、同シングルのB面曲「Feelin' Reelin' Squeelin'」の2曲がボーナス・トラックとして追加されます。発売は2タイトルとも英国にて7月20日を予定。

 
●『(The Soft Machine』(1968年)
01. Hope For Happiness
02. Joy Of A Toy
03. Hope For Happiness (Reprise)
04. Why Am I So Short?
05. So Boot If At All
06. A Certain Kind
07. Save Yourself
08. Priscilla
09. Lullabye Letter
10. We Did It Again
11. Plus Belle Qu'une Poubelle
12. Why Are We Sleeping?
13. Box 25 / 4 Lid
14. Love Makes Sweet Music
15. Feelin', Reelin', Squealin'
 
●『Volume Two』
01. Pataphysical Introduction, Pt. I
02. A Concise British Alphabet, Pt. 1
03. Hibou Anemone And Bear
04. A Concise British Alphabet, Pt. II
05. Hulloder
06. Dada Was Here
07. Thank You Pierrot Lunaire
08. Have You Ever Bean Grean?
09. Pataphysical Introduction, Pt. II
10. Out Of Tunes
11. As Long As He Lies Perfectly Still
12. Dedicated To You But You Weren't Listening
13. Fire Engine Passing With Bells Clanging
14. Pig
15. Orange Skin Food
16. A Door Opens And Closes
17. 10: 30 Returns To The Bedroom

ヴォリューム1&2
ヴォリューム1&2
クチコミを見る


CDジャーナル

にほんブログ村 音楽ブログへ

カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました


2009年06月24日

QUEENSRYCHEの1988年の名盤『Operation: Mindcrime』がブロードウェイ・ミュージカルに? 3

オペレーション:マインドクライム
オペレーション:マインドクライム
クチコミを見る


これは、ブロードウェイの大ヒット・ミュージカル「Rent」の主演で知られるアダム・パスカルが演劇情報サイト〈Playbill.com〉のインタヴューで明かしたもの。

もともとメタル系の音楽が大好きだった彼は、クイーンズライクの『Operation: Mindcrime』をミュージカル化する夢を10代の頃から持ち続けており、現在、その夢の実現に向けて準備を進めている最中だという。
ミュージカル版では、『Operation: Mindcrime』に加え、その続編である2006年発表の『Operation: Mindcrime II』の楽曲を採り入れる可能性もあるそうで、「Rent」と同規模となる15人程度のキャスト陣を考えているようだ。
いまのところ監督や脚本家などは決まっておらず、プロジェクトはまだ初期段階であるとしながらも、2010年春のリーディングを目指したいとしている。
 
 『Operation: Mindcrime』は、極度に保守化したレーガン政権下において反権力運動に身を投じる麻薬中毒者〈ニッキー〉の物語を描いたコンセプト・アルバム。
ピンク・フロイドの『The Wall』やザ・フーの『Tommy』と並び称されるほどの高い評価を獲得し、ハード・ロック/ヘヴィー・メタル史に残る名盤として知られている。

bounce.com

※プログレッシヴ・メタル・バンド ってどうだろう??
実は筆者はあまり聞いていません・・・(><)
お勧めあればコメントを!

にほんブログ村 音楽ブログへ

「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。


2008年11月24日

HOT CHIPとROBERT WYATTがコラボレーションした4曲入りEPを無料配信 3

プログレッシヴ・ロックやカンタベリー・シーンを牽引したソフト・マシーンのオリジナル・メンバーであり、今も現役で活躍している〈生ける伝説〉ロバート・ワイアット。
彼とホット・チップがコラボレーションしたEPが、ホット・チップのオフィシャルサイトで12月15日から無料配信されることが明らかになった。
 
ホット・チップとワイアットは、ホット・チップの最新作『Made in the Dark』収録の“Made In The Dark”、“Whistle For Will”、“We’re Looking For A Lot Of Love”の3曲を再レコーディング。EPは、それにギースというアーティストによる“One Pure Thought”のリミックスを加えた全4曲入りとなる。
 
ホット・チップがワイアットのシングル曲“This Summer Night”をリミックスしたのをきっかけに知り合ったという彼ら。果たしてこの個性的な2組による共演がどのような結果を生んでいるのか、ファンとしては気になってしまうところだろう。

bounce.com

ソフト・マシーン
ソフト・マシーン


にほんブログ村 音楽ブログへ

カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました


2008年10月09日

デヴィッド・ギルモア、亡き友の望みを絶ったグラストンベリーに恨み節 4

Qアワーズで功労賞を受賞したデヴィッド・ギルモアが、スピーチで先週亡くなったピンク・フロイドのバンド・メイト、リック・ライトの名前を挙げたが、アワードを彼に捧げるというだけでなく、ライトの「ビッグなアウトドア・フェスティヴァルでプレイしたい」という望みを絶ったグラストンベリー・フェスティヴァルを非難する発言もしていた。ギルモアは今年、自ら出演したいと申し出たにも関わらず、同フェスティヴァルの主催者から断られていた。

Qアワーズのスピーチで、彼はこう話したという。「リック・ライト…、彼とは40年一緒にやってきたが、それも終わりを迎えてしまった。彼なしでは、二度とプレイできない音楽がある。悲しいことだ。彼が最後にやりたがっていたことの1つに、グラストンベリーのような大きなアウトドア・フェスティヴァルでプレイするというのがあった。奇妙な理由によりそれを実現するこができなかった。それもまた、悲しいことだ」


この発言に、グラストンベリーの主催者は狼狽しているようだ。BBCによると、エミリー・イーヴィスはこう反論したという。「彼の発言を聞いて、困惑しています。彼が理解してくれることを望んでいます。もしかしたら、第三者から間違った情報を得ているのかもしれません」

エミリーは2008年6月、同フェスティヴァルがギルモアを拒絶したというニュースが流れたとき同様、「彼からの連絡が遅かった」とオファーを断った理由を説明した。「フェスティヴァルの3週間前に彼のエージェントから連絡があったんです。そのときにはすでにヘッドライナーをブックしていました。彼らをキャンセル以外手がなかったのです。そんなことは、これまでしたことなかったので」


エミリー・イーヴィスは、Qアワーズの授賞式に出席していた。エミリーは「みんな、聞き流していたと思う」と話しているが、聞き逃さなかった人物が1人…。

コールドプレイのクリス・マーティンは、ギルモアの発言後、最優秀アクトを受賞した際、オアシスのノエル・ギャラガーがグラストンベリーでのジェイ・Zのヘッドライナーを批判したのを真似、「デヴィッド・ギルモアがグラストンベリーでプレイしたいって。ピンク・フロイドがグラストンベリー、俺は許せねえ」と茶化したそうだ。

Ako Suzuki, London

BARKS

Atom Heart Mother
Atom Heart Mother


にほんブログ村 音楽ブログへ

2008年09月25日

デヴィッド・ギルモア、ライトを追悼しフロイドの曲をプレイ/ピンクフロイド 3

BBCの音楽番組『Later...With Jools Holland』に出演したデヴィッド・ギルモアが、先週亡くなったピンク・フロイドのキーボードリスト、リック・ライトを追悼し、ライト作の曲「Remember A Day」をパフォーマンスした。

同トラックは、フロイドの2ndアルバム『Saucerful Of Secrets(日本語タイトル:神秘)』(1968年)収録。ギルモアがバンドにジョインする直前にレコーディングされた。オリジナル・ヴァージョンでは、ライト本人がヴォーカルを取っている。

同番組には当初、ライトも一緒に出演するはずだった。が、3週間前に「プレイできない」と(携帯電話に)テキスト・メッセージが届いたという。彼の死後、ギルモアは同トラックをプレイすることを決めたそうだ。

ギルモアは1965年に初めてライトに出会ったときの印象をこう語っている。「すごくシャイで寡黙だった」また、ライトのフロイドへの貢献についてはこう話した。「彼の生み出すサウンドが、すべてのピンク・フロイドの要素をつなぎ合わせていた」「つかみどころのない特質を持っていた。ソウルとでも呼んだらいいのかな。それが全てをつなぎ合わせる役目を持っていたんだ。無くなったとき、それに気づくはずだ」

ギルモアはまた、ライトがバック・ヴォーカルに参加した「The Blue」(ギルモアの2006年のソロ・アルバム『On an Island』収録)もパフォーマンス。「彼は控えめだが、とても才能があり、いい奴だった。彼を失って、僕らは本当に悲しい」と追悼した。

『Later...With Jools Holland』は今週金曜日(9月26日)午後11時35分よりBBC2で放送される。

神秘


2008-09-25 BARKS

2008年08月30日

ピンク・フロイド、スウェーデンの権威ある音楽賞を受賞

英ロックバンド、ピンク・フロイドが26日、ストックホルムで行われた授賞式でポーラー音楽賞(Polar Music Prize)を受賞した。

授賞式では、ピンク・フロイドを代表して出席したニック・メイソンとロジャー・ウォーターズにそれぞれ、カール16世グスタフ(Carl XVI Gustaf)国王から盾と花束が渡された。受賞者には副賞として、100万クローナ(約1700万円)が贈られる。

スウェーデン王立音楽アカデミー(Royal Swedish Academy of Music)は、とピンク・フロイドの「ポップカルチャーの発展におけるアートと音楽の融合への非常に大きな貢献」をたたえた。
 
今年はピンク・フロイドのほかに、米国のソプラノ歌手ルネ・フレミング(Renee Fleming)も「気品あふれるたぐいまれな声」をたたえられ、同賞を受賞している

ポーラー音楽賞は1989年に、スウェーデンのポップグループ、アバ(ABBA)のマネージャー兼作詞家の故スティグ・アンダーソン氏によって創設されたもの。
 
1992年のポール・マッカートニー以降、以下の人物が受賞している。

ブラジルのミュージシャン  ジルベルト・ジル
ドイツの歌手  ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ
米国のジャズミュージシャン  ディジー・ガレスピー
ロシアのチェリスト  故ムスティスラフ・ ロストロポービチ
英国のポップミュージシャン  エルトン・ジョン
フランスの指揮者/作曲家  ピエール・ブーレーズ
ジャズ・ピアニスト  キース・ジャレット
米国のミュージシャン  B・B・キング
英国のロックバンド  レッド・ツェッペリン
米国のミュージシャン  ブルース・スプリングスティーン、クインシー・ジョーンズ、スティーヴィー・ワンダー、ボブ・ディラン
米国の作曲家  スティーヴ・ライヒ
米国のジャズサクソフォン奏者  ソニー・ロリンズ

Pulse (2pc) (Dig)


情報提供:AFPBB News

にほんブログ村 音楽ブログへ

2008年08月24日

DAVID GILMOURが初ソロ・ライヴ・アルバム『LIVE IN GDANSK』を9月にリリース 3

Live in Gdansk


[曲目リスト]
ディスク:1
1. Speak to Me
2. Breathe (In the Air)
3. Time
4. Breathe (In the Air) (Reprise)
5. Castellorizon
6. On an Island
7. Blue
8. Red Sky at Night
9. This Heaven
10. Then I Close My Eyes

ディスク:2
1. Shine on You Crazy Diamond
2. Astronomy Domine
3. Fat Old Sun
4. High Hopes
5. Echoes
6. Wish You Were Here
7. Great Day for Freedom
8. Comfortably Numb

2008

ピンク・フロイドの中心メンバーとしても活躍するシンガー/ギタリスト、デヴィッド・ギルモアが初のソロ・ライヴ・アルバム『Live In Gdansk』(邦題:狂気の祭典−ライヴ・イン・グダニスク)をリリースすることが決定した。
 
2006年に行われた大規模ツアー〈On An Island Tour〉の最終公演となる、ポーランド・グダニスク造船所での伝説的ライヴを収録した本作品には、自身のソロ曲からピンク・フロイド時代の名曲までを、オーケストラとの共演も交えつつ披露した、彼の世界観に耽溺できる素晴らしいパフォーマンスを余すところなく収録。5万人のオーディエンスを魅了した熱狂のライヴを追体験可能な、フロイドのファンならずとも必聴の作品に仕上がっている模様だ。

Catch the 2-CD full live concert David played at the Gdansk, Poland shipyards in commemoration of the Solidarity Movement. Includes Pink Floyd favorites "Shine on You Crazy Diamond" and "Breathe."

にほんブログ村 音楽ブログへ

2008年08月09日

中国とロック  北京オリンピックにちなみ・・・ 4

中国のロックは上海から

中国はその歴史の始まりから多くの国と交流し文化を吸収し独自の音楽を生み出してきたが、今に通じるポップスの始まりは、ということになると1920〜30年代の上海というのが定説だ。
当時の上海は国際都市、海外からの情報もいち早く入り、多くの映画が撮影され、周璇(シュウセン)、李香蘭(リコウラン)といったスターたちが映画主題歌もうたいヒット曲を生み出した。

1949年中華人民共和国が建国されると、多くの制作者・歌手が香港に移住。一方、中国大陸の音楽産業は首都北京に移り、政治色の強い革命歌や民歌が作られ、文化大革命時になると音楽はより厳しく制限されてしまう。が、76年文革が終わるとポップ・シンガーが現れ、人々が好む曲が作られ歌われ、ポップスは大きく発展する。
台湾や香港からの影響も大きかった。特に人気だったのはテレサ・テン(麗君)。
カバー・ベスト・コレクション

テレサのナチュラルなヴォーカルは当時の中国人にとって全く新しいものだった。この時期中国では歌手が続々とデビューし、80年代後半に大きく花開く。

また80年頃にはロックが生まれた。カリスマのツイ・ジェン(崔健)は今も健在。
俺には何もない(一無所有)

その後多くのロック・ミュージシャンがデビューした。
“不倒翁(おきあがりこぼしの意)楽隊(中国語ではバンドのことを楽隊という)”、“白天使楽隊”など、彼らが後に中国ロックを引っ張っていく中核のメンバーとなっていく。

86年5月、国連世界平和紀念百名歌星というコンサートで崔健が当時の中国人の若者の思想を表した「一無所有(イーウースオヨウ、一文無しの意味)」というオリジナルの歌を歌い、衝撃を与える。それ以後彼は中国を代表するロックスターとなった。

崔健によって多くの若者が刺激を受け、86年には“黒豹(ヘイ・バオ)”、87年には“唐朝(タン・ダイナスティ)”がデビュー。後に彼らは崔健と共に中国ロックの代表されるグループとなる。
89年には崔健がファーストアルバム「新長征路上的揺滾(新長征ロック、海外版は一無所有)」をリリースし、史上空前の大ヒットとなった。このアルバムは海賊盤を含め1億枚は売れたとされる。その空前絶後の記録を人々は称え、彼を中国ロックの父と呼ぶ。現在もその位置は不動だ。

しかし、その後、政府から弾圧を受けてしまうことになる。

またポップ・シンガーも、中国ではルックスがよくても歌が下手だと絶対に売れないと永らく言われてきたが、今やそう言えないほど、都市部向けから農村部向け、アイドルから大歌手までポップ・シーンは多彩な様相を呈している。

さて、ここ数年で中国では北京を中心としてロックが盛んになってきている。
プログレの観点からすると、上記の「黒豹」などが近い。

ぜひ、北京オリンピック後にでも現地に行きたいものだ。

中国音楽 リアルプレミアム

にほんブログ村 音楽ブログへ



2008年05月29日

デヴィッド・ギルモア、フロイドとエイミーについて語る

狂気


デヴィッド・ギルモアが、ピンク・フロイドの再結成とエイミー・ワインハウスの才能について語った。

レッド・ツェッペリン同様、再結成への期待が大きいピンク・フロイド。ギルモアはその可能性について、BBC 6ミュージックにこう話した。「何とも言えないよ。未来なんて誰にもわからないだろ? 可能性がないとは言ってない。でも現実的に考えて、長いツアーはないだろう」「ワン・オフでやったことで、僕にしてみれば十分だって気もしているが、まあどうなるか見てみよう」

はっきり否定しなかったことで、マスコミの間では「ピンク・フロイド再結成?」との見出しがあふれているが、この発言をどうとるべきか?

ギルモアは先日発表されたアイヴァー・ノヴェロ・アワーズで功労賞を受賞。同アワーズで最優秀ソングを獲得したエイミー・ワインハウスについてはこう評価している。「エイミーは全くもって傑出している。ここ数年で最も楽しんだミュージックだ。彼女は本当に素晴らしい。長いキャリアを築くのは間違いないよ」

またギルモア本人の活動だが、現在のところとくに先の計画は立てておらず、のんびり構えているそうだ。「長いドライヴだけどね、まだ終わっちゃいない。でも今のところは、何か特別な計画を考えているわけじゃない。この年齢のいいところ――これだけのことをしてきたんだから、しばらくゆっくり休んだっていいだろ。次に何をするか考えながらね」

BARKS

にほんブログ村 音楽ブログへ

「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。「電話は2番」になったのは、「肉は1番、電話は2番」と宣伝して、その味と共に評判になっている大阪のすき焼きの宣伝文句にヒントを得ました。カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました


2008年05月11日

復活第2弾アルバム+α初来日公演が決定!/VAN DER GRAAF GENERATOR

トライセクター



ピンク・フロイドやキング・クリムゾン、ジェネシスらと共に、70年代初頭のプログレッシヴ・ロック・シーンの一翼を担った英国のバンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター。復活第2弾アルバム『Trisector』を5月21日にリリースする彼らが、待望の初来日公演を行なうことが決定した。
 
 ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターは、孤高のヴォーカリスト、ピーター・ハミルを中心に、1967年結成。哲学的な歌詞と実験性に富んだアヴァンギャルドな音世界で、英国のみならず、ヨーロッパ全土で人気を博した。1978年に解散。2004年に再結成を果たし、翌2005年に28年ぶりのスタジオ・アルバム『Present』を発表。往年のファンを狂喜させた。
 
 今回の来日メンバーは、ピーター・ハミル以下、ヒュー・バントン、ガイ・エヴァンスの3人。これまで、ピーター・ハミルのソロでの来日公演はあったものの、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターとしての来日公演は、今回が初。リアルタイム世代はもちろん、すべてのロック・ファン必見のステージとなりそうだ。
 
 〈VAN DER GRAAF GENERATOR 来日公演〉
 6月27日(金)、28日(土)、29日(日) 東京 渋谷 O-West
 料金:自由席 ¥15,000/立見 ¥9,000(前売・すべて整理番号付)
 問い合わせ:Office Ohsawa (info@bigstream.co.jp)

bounce.com

Real&True 〈VAN DER GRAAF GENERATOR 来日公演〉 告知ページ

にほんブログ村 音楽ブログへ

2008年05月01日

Roger Waters' pig lost, again 5

LOS ANGELES (Reuters) - Organizers of a major California music festival are offering a $10,000 reward and four festival tickets for life in exchange for ex-Pink Floyd frontman Roger Waters' two-story inflatable pig, which was lost on Sunday night.

Waters' signature pig was seen floating away during his closing set at the three-day Coachella Valley Arts and Music Festival, held in the desert east of Los Angeles.

The giant flying pig, part of Pink Floyd's stage show since their 1977 album "Animals" featuring the song "Pigs on the Wing," broke free from its tethers above the Coachella crowd and drifted off.

It's not the first time Waters has lost his flying pig. Back in 1977, it floated away on the second day of a photo shoot at the Battersea Power Station in London and was later recovered and used for an album cover.

Waters was a member of British rock band between 1965 and 1985. He and the band continued to use the pig as a stage prop even after he quit, and at Coachella Waters played classic Pink Floyd songs including "Mother," "Shine On You Crazy Diamond," "Have a Cigar" and "Dark Side of the Moon."

Coachella was named one of the top three festivals in the country by music magazine Billboard. Last year, the festival attracted more than 186,000 music and art lovers, and grossed $16.2 million, according to the magazine.

Anyone with information on the lost pig, should email lostpig@coachella.com.

(Reporting by Syantani Chatterjee; Editing by Bob Tourtellotte and Todd Eastham)

ロイター

アニマルズ


にほんブログ村 音楽ブログへ

2007年12月31日

ピンク・フロイドも再結成? 4

2007年は正に再結成の年だった。レッド・ツェッペリン、ザ・ポリス、ジェネシスは再結成ライブを行い、今後2008年にかけても次々と出てくるだろう。そしてまた、新たな伝説的バンドの再結成話が持ち上がってきた。

米「ローリング・ストーン」誌によると、ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイソンが、バンドの行く末について語ったという。ご存知のとおり、フロイドは2005年に行なわれたイベント「Live 8」で21年目ぶりに再召集された。メイソンいわく、そのときのライブにより、今後の再結成について「可能性が広がった」そうだ。

もちろん2度目の再結成ライブだけに、かなり大きなイベントになることは必至だろう。「それなりの理由があるか、今後1、2年で事態が変化して、メンバーが突然『やってもいいかもしれない』と思えば実現するだろうね」とメイソンは加えた。「『Live 8』と同等のチャンスに恵まれない限り、再び集結される可能性はないと思うよ」。

昨年は彼らがシド・バレットのトリビュート・ライブに参加するという噂が流れたが、タイミングが悪く実現することはなかった。

一方でメイソンは、2月に行なわれる「Rock and Roll Fantasy Camp」に、ブライアン・ウィルソン、ミッキー・ドレンズや他のアーティスト達と共に参加することが決まっている。詳細についてはRockCamp.comをチェックしよう。

Music NEWS

ザ・ウォール


にほんブログ村 音楽ブログへ

2007年10月31日

<再結成して欲しいバンド>LUNA SEA、X-JAPAN、ツェッペリン、ポリス……、活動再開オトナの事情? 3

LUNA SEA、X-JAPAN、ツェッペリン、ポリス……、活動再開オトナの事情?


ヨーロッパの音楽チャンネル「Music Choice」の視聴者が選んだ<再結成して欲しいバンド>トップ10には、ピンク・フロイド、アバらの名前があがった。


「Music Choice」選出
<再結成して欲しいバンド>

1.ピンク・フロイド
2.アバ
3.ガンズ&ローゼズ
4.ザ・ジャム
5.トーキング・ヘッズ
6.フージーズ
7.ヴァン・ヘイレン
8.ワム!
9.スパンダー・バレエ
10.ボーイゾーン

続きはこちらから⇒ORICON STYLE

Dark Side of the Moon
Dark Side of the Moon


にほんブログ村 音楽ブログへ

「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。「電話は2番」になったのは、「肉は1番、電話は2番」と宣伝して、その味と共に評判になっている大阪のすき焼きの宣伝文句にヒントを得ました。カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました


2007年10月28日

「ピンク・フロイド」が音楽を担当、幻の映画が日本初公開 4

ピンク・フロイドが音楽を手がけ、バーベット・シュローダー監督の長編第2作となった幻の映画「ラ・ヴァレ」(1972年)が、公開から35年の時を経て日本初公開される。

60年代、仏ヌーベル・バーグの旗手として活躍した巨匠ジャン・リュック・ゴダールらに師事するかたちで頭角を現した同監督は、1970年に初の長編映画「モア」で監督デビュー。同作では地中海イビサ島を舞台に、60年代後半に盛り上がったサイケデリック・カルチャーを退廃的に描き、その楽曲も注目された。

詳しくはこちらから⇒シブヤ経済新聞

日本スカイウェイ
(2007-10-23)


雲の影


にほんブログ村 音楽ブログへ

「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。「電話は2番」になったのは、「肉は1番、電話は2番」と宣伝して、その味と共に評判になっている大阪のすき焼きの宣伝文句にヒントを得ました。カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました


2007年05月22日

シド・バレットの思わぬ遺産/ピンク・フロイド 3

昨年亡くなった元ピンク・フロイドのシド・バレットが、多額の遺産を残していたことが明らかになった。音楽活動中止後、目立たず慎ましやかな生活を送っていたため、財政が厳しいのではないかと思われていた彼だが、お金がないのではなく、好んで質素に暮らしていたようだ。


ケンブリッジにある母親の家に住み続け、亡くなる数年前には寒空の下、ジャケットもはおらず近所のスーパーへ買い物に出るもの悲しげな姿がパパラッチされていた彼。しかし、質素な身なりとは裏腹に、兄姉へ170万ポンド(約4億円)もの遺産を残していたそうだ。


『Daily Mail』紙は、兄アランに42万5,000ポンド(約1億円)、ほかの3人の兄姉にそれぞれ27万5,000ポンド(約6,500万円)を残したほか、病に倒れた彼の面倒を見ていた姉ローズマリーが家と遺品を売却し50万ポンド(約1億2,000万円)を得たと報道している。


バレットは、70年代半ばには音楽シーンを離れているものの、ピンク・フロイドの作品、およびソロ・アルバムから多大な印税が入り続けていたのだと思われる。しかし、お金をはじめ外の世界に無関心であった彼には使う術がなかったのかもしれない。


バレットは昨年7月7日、糖尿病による合併症のため60歳で死去。今月初めに行なわれた追悼コンサートでは、ピンク・フロイドの元バンド・メイトやレッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズ、ブラーのデーモン・アルバーン、プリテンダーズのクリッシー・ハインドらが出演し、彼の功績を称えた。


Ako Suzuki, London
2007-05-21 バークス

The Dark Side of the Moon


2006年10月23日

P.ガブリエル、ジェネシスの再結成ツアーに不参加 3

ピーター・ガブリエルが、ジェネシスの再結成ツアーに参加しないことを表明した。バンドは、フィル・コリンズ、トニー・バンクス、マイク・ラザフォードの3人で再結成する。

今週初め、コリンズがジェネシスの再活動を発表したが、創立メンバーで'75年にバンドを脱退したガブリエルは「参加しないことに決めた」とBBCニュースに話した。「話はあった。でも、僕は参加しないことに決めた。いいことだと思うよ。僕が(誘いを)無視したってわけじゃない。制作中の新曲があるんだ」

ジェネシスは、70〜80年代にかけて全世界で1億3,000万枚以上のアルバムを売り上げた。プログレッシヴ・ロック・バンドとしてスタートした彼らだったが、ガブリエルが脱退しコリンズがヴォーカルをとるようになってから、ポップ路線に変更。「Mama」「That's All And In Too Deep」などのヒット曲を生んだ。

バンドは再結成ツアーに加え、新作を制作する可能性もあるという。ツアーの日程は間もなく発表される。

Ako Suzuki, London

2006-10-20 バークス


アバカブ


2006年06月19日

Welcome to DGM Live 5

The aim of DGM is to connect music, musician and audience in a way that supports the power of music, the integrity of the musician and the needs of the audience. DGM Live offers music for download with photographs, diary archives and audience commentary for browsing.

Discipline Global Mobile

About DGM Live
DGM Live utilizes the latest in peer-to-peer technologies to deliver large music files across the internet. Files are distributed using BitTorrent, a file distribution utility that can dramatically increase the speed of your download by retrieving your content not only from DGM's servers but from fellow downloaders simultaneously. Download it now.

In addition to BitTorrent downloads, you may also download your files directly from your web browser.

デル株式会社

にほんブログ村 音楽ブログへ

2005年12月18日

プログレッシブ・ロックとは?

プログレッシブ・ロック(プログレ)は1960年代後半にあらわれたロックのスタイルの一つ。ロックの表現方法が多様化してゆく流れの中、それまでのシングル用の曲作りから大幅に踏み出した製作姿勢をもつバンドを総称した呼び方。ロックというジャンルにとらわれることなく他ジャンルの影響を反映した前衛的または先進的(プログレッシブ)・実験的な音楽。クラシック・JAZZなどその音楽のアプローチや演奏法に留まらず、精神までも取り込もうとしていた。

ユーロロックとも呼ばれる。その理由はイタリア・フランス・オランダ・ドイツに有力なバンドが存在していたためである。
★出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

INDEX
[PR]



シマンテックストア

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ

Thanks! Comments
Profile
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor 天気
livedoor 天気
Archives
QRコード
QRコード
TagCloud
  • ライブドアブログ