マイク・オールドフィールド

2007年05月27日

EXPOSED / MIKE OLDFIELD 3

Exposed


1.INCANTATIONS parts 1&2
2.INCANTATIONS parts 3&4
3.TUBULAR BELLS part1
4.TUBULAR BELLS part2
5.GUILTY


MIKE OLDFIELD     GUITAR,
DAVID BEDFORD    CONDUCT,etc
PIERRE MOERLEN   DRUMS
PEKKA POHJOLA    BASS
and so on



1979

“INCANTATIONS”発表の翌年のヨーロッパツアーでの録音。初のライヴ盤で、LP二枚組の作品。
ベッドフォード率いるオーケストラの出来が悪いとか、全くアレンジの違う「チューブラーベルズ」が嫌いだとか、ディスコ・テイストの「ギルティー」が気に入らないなど様々な悪評を耳に(目に)したものですが、僕個人としては、結構楽しめる作品だと思っています。


人々に違和感を感じさせたのは、そのサウンド自体ではなく、実は、外へ向かって開かれたマイクのある種の「陽気さ」、「軽さ」なのではないかと思います。


マイクにとって70年代終わりは、他のアーチストもそうであったように移り変わる音楽産業の体質と風潮が求める価値観の変換に対する新しいアイデンティティーの確立がテーマで、初期3部作のような内省的表現が後退し、スッキリとしたバンド音楽へとシフトしてゆく過渡期であり、ポップな開かれた表現も時代を考えれば十分に納得がいくものであろう。
何しろ時代は、アースウィンド&ファイヤーの時代でもある訳です。マイクなりの時代への正しい反応だったのだと思います。


やはり当時の彼は、ディスコ・サウンドに大きな関心を寄せており、度々ディスコにくり出しておられたようです。その成果として残された「ギルティー」は中々の佳曲です。
それに、オリジナルに比べると、所々ショボいのかな?と思わせる「インカンテイションズ」やファンク・テイストの「チューブラーベルズ」だって決して悪くはありません。「楽しくやろうぜ」的オーラを感じる清々しい作品たちだと思います。マイクのギターだって決して悪くないです。


個人的にもう少し書かせて頂ければ、ゴングのスーパードラマー、ピエール・ムーランとクラッシクからロックまで幅広く活躍するフィンランドの名ベーシスト、ペッカ・ポホヨラのリズム隊の演奏が聴けるのも嬉しいです。
ムーランがドラムスを務めた頃のマイクのバンドの他のライヴも出して欲しいと思うのですが、ちょっと無理かな?


私的な意見ばかりで申し訳ありません。一般的な評価の低さゆえの弁護的なレヴューになってしまいました。



インパクト 70
テクニック 85
ポップ性  80
コンセプト 70
センス   80

COWBELL

Exposed


にほんブログ村 音楽ブログへ

2007年05月15日

INCANTATIONS / MIKE OLDFIELD 5

Incantations


1. PART 1
2. PART 2
3. PART 3
4. PART 4


1978


前作「オマドーン」を発表後、再度入院となったマイクは、しばらくの間、沈黙を守る。
1年1作のペースで驚くべき内容の作品を発表し続けた彼の突然の沈黙に、カムバック
を不安視する声も上がったが、前作より3年、自己の集大成とも言える作品をLP2枚組みというヴォリュームで発表した。

この当時、パンクロックで沸きあがっていたヴァージンレコードがこのような時流にそぐわない大作をリリースしたのを見ても同レーベルのマイクに対する並々ならぬ敬意が窺える。
高い評価を得ていたにもかかわらず、契約を破棄されたヘンリー・カウなどとは大変な違いである。

さて、本作だが、相変わらずマイクが多くの楽器を操り音を紡ぎだすことの延長上にある音には違いないが、ストリングスやパーカッションなど多くの人々が参加しており、1stからアレンジやアドヴァイスで密に関わっていた現代音楽家でケヴィン・エアーズのバンドの仲間であったデヴィッド・ベッドフォードの全面的な協力により、フィリップ・グラスやスティーヴ・ライヒといったミニマル・ミュージックに分類される事の多い現代音楽家の巨人たちにも劣らない、秀逸なミニマル・ミュージックとなっている。

しかし、ロック的観点からは、かなり離れてしまった作品ではある為、ロックのカテゴリーが多様化した現在の方がすんなり受け入れられるのではないかと思う。

本作は、2ndのような痛々しい程の繊細さと過酷さを感じさせる深い情念と思惟の世界とは少し違って、彼の確立した音楽の素晴らしさを伝える力強く美しい圧倒的な音楽である。
マイクの音楽が外へ向かっていったことを感じさせる転換期の作品と僕は捉える。


<PART 1>
圧倒的な音圧で迫ってくるストリング・セクションと、その波間をぬって来るフルートのテーマがとてもスリリング。
ホーン・セクションやマイクのギターとシンセが彩りを添え、コーラスやパーカッションも巧みに配置され、長さを感じさせない実に楽しいアレンジである。

後半で回帰して来るフルートのテーマが圧巻。


<PART 2>
大海原を想わせる映像的でニューエイジ的なイントロで、リズムに遅れそうになるマイクのシンセのフレーズがキュート。
ストリング・セクションのトレモロが先導してゆく美しい展開も、コーラスのアレンジも険しくまたは、快適な航海の様子を描いているようで面白い。

その船はやがて島に漂着し、島民との遭遇を想わせるトライヴァルなビートを持ったとても美しい歌が始まる。
個人的には、透明感溢れる美しい歌とアフリカン・パーカッションとのコントラストが見事なこの部分がマイクの全作品を通して最も好きで、まだ聴いていない方には是非ともお聴きいただきたいお薦めの部分です。


<PART 3>
祭祀を示すようなきらびやかなイントロで始まるこの曲は、マイクのギターがたっぷり堪能できる比較的ロックテイストの強い曲。
中間部から出てくるゴングのピエール・ムーランのドラムも聴きどころ。


<PART 4>
夢の断片のような幽しイントロの後は、様々なアンサンブルで奏でられるテーマのヴァリエイションが怒涛のようにリスナーの耳をなぶる。
「どう?すごいでしょ?」と言わんばかりのアレンジの巧みさと緻密さに圧倒されるのである。

10分半のあたりからせり出してくるとてもカッコいいギターによって全ては纏め上げられ、ミステリアスな印象を残す歌によって幕が下ろされる。これは、PART2での歌のメロディーが回帰してきたもの。



インパクト  70
テクニック  90
ポップ性   60
コンセプト  95
センス   100

(COWBELL)

2007年04月01日

OMMADAWN / MIKE OLDFIELD 5

Ommadawn


1.PART 1
2.PART 2

1975

一般的にマイクの最高傑作とされるのは、この三作目の「オマドーン」のようである。

前作の「ハージェスト・リッジ」制作に疲労困憊したマイクは、一時入院したという。
20歳の青年が、あれほどの深みと完成度を誇る作品を作ったのだから無理もない。 
そこで、リセットされたのか、本作には、熟練と共にリラックスして整理された印象を受ける。
休養時間の客観視が自分の世界に沈みすぎないブイのような働きをしていたのかも知れない。

本作もパーカッション、リード楽器等で数名の参加があるものの、やはり殆どはマイクによる録音。
楽曲の構成は、前作を踏襲した形で大きな変化は無いが、前二作よりも聴きやすく
分かりやすい印象を受ける。
その要因として、まず、彼の音楽の根幹であるケルトとバロックの要素が彼の手中で
完全に混練され、吟味されてマイク・オールドフィールド・ミュージックとでしか呼び様のない個性と明晰さが生まれた上に、ギター以外の楽器へのアレンジも研磨されてカラフルなサウンドになっていること。

そして、打楽器、特にアフリカン・パーカッションの大胆な導入により、力強い
リズムとビートが形成され、楽曲にハッキリとした骨格が生まれ、メロディーが
浮かび上がり、自由化したように感じること等があると思う。

また、前作まで曲の骨格そのものであったベースがリズムの補足として本来的な
使われ方になっているため、曲がシェイプアップしている。

あと、忘れてはならないことは、彼のサウンドの一番の聴きどころであるギターの
オーケストレーションがこの作品で、ほぼ完全な形になっていることである。

<PART 1>
オープニングは、前作と同じように作られているが、メロディーや細部のアレンジ
が説得力を増し、立体的になった印象を受ける。 ガットギターによるメロディー
ラインがとてもよい。

この内省的で美しいイントロは、ゴングの音を境にリズムを伴い、エアリード系を多用した陽光を想わせるサウンドへ変化する。

そして、本作の最大の呼び物、アフリカン・パーカッションが鳴り始めるとサウンドに力強いビートが形成され、不思議なメロディーの歌やマイクのホレボレするような
カッコいいギターソロを更に魅力的なものにしている。

このアフリカン・パーカッションの導入は、マイクの音楽に風穴をあけると同時に
後年開花してゆくワールド・ミュージック的アプローチのスタートにもなっている。

<PART 2>
やや暗く悲しく始まるイントロは、幾重にも重ねられたギターが聴きどころ。
これは、他ではちょっと聴くことの出来ないもの。
やがてチューブラーベルズ(?)が鳴り始めるころ、バックはギターのトリル奏法の群れになっていて、とても神秘的なサウンドになる。

その神秘的なサウンドと交差して長閑なフォルクローレの世界がしばしの安らぎを
与えてくれる。
バグパイプやケーナのメロディーがとても印象的であり、マイクのケルト音楽に対する造詣の深さと、それをここまで意のままに操り、彼独自の新しいサウンドとして成立させるセンスには脱帽する。
クライマックスでは、パーカッションも交えてケルトとバロックがとてもよく馴染んで最高の融合をみせる。
聴けば聴くほどに凄いセンスである。

そして、おまけのミステリアスで牧歌的な「ホースバック」という絶品の小作品が
美味なるデザートを食べたような満足感と幸福感を与えてくれる。

ごちそうさま。

インパクト  100
テクニック  100
ポップ性   100
コンセプト  100
センス    100

COWBELL


Ommadawn


2007年03月24日

HERGEST RIDGE / MIKE OLDFIELD 5

1. PART 1
2. PART 2

MIKE OLDFIELD    GUITARS、BASS,ORGAN、PIANO、GLOKENSPIEL、etc.
TED HOBART      TRUMPET
JUNE WHITING     OBOE
LINSAY COOPER    OBOE
SALLY OLDFIELD   VOICE
CLODAGH SIMMONDS   VOICE
DAVID BEDFORD      CONDUCT

1974

前作である1stで大ブレイクしてしまったマイク。 この2作目を作るに当たって相当のプレッシャーがあったことは想像に難くない。
おそらく、マイクは当時の彼にとって最も完成度の高い音楽を提出しようと考えたのであろう。
翌年発表されたこの作品は、元来マイクの音楽の中心に据えられていたケルトとバロックの要素が前作よりも色濃く出て、とても美しく良く出来た作品となった。 言わば、マイク渾身の直球勝負の音楽であった。 そして、前作同様殆どの楽器は、彼自身によって演奏されている。

しかし、その直球勝負は、サウンドの向心力をやや強めすぎてしまったようで、1stのような奇想天外な部分やロックテイストといったものは後退し、内省的で密室的な傾向を強めてしまい、ケルト的にはとてもよく練られて大変ドラマチックであるものの1stに比べてやや大人しい印象を与えてしまっているのは否めないであろう。
だが、マイク自身の音楽的な深化という点に於いては前作を凌ぐものであり、マイクの作品の中で最もマイクらしさを感じさせる為、マストアイテムに挙げる人も多い。

「チューブラーベルズ」、この「ハージェストリッジ」次作の「オマドーン」は、マイクの初期3部作として、どれも甲乙付けがたい傑作である。

<PART 1>
1stのような印象的なフレーズは無いが、実に色彩豊かで美しく伸びやかなイントロで幕を開ける。
既にこの時点でマイク特有のギターオーケストレーション的なギターの手法が芽吹いている。

やや険しいブリッジを越え、オーボエによるメインテーマが現れる。
これは、いかにもケルト的で美しく印象的なメロディーであり、このテーマのバリエーションによりこの作品をドラマチックに仕立てるキーポイントになっている。

続く展開のバッハのような通奏低音を感じさせる美しいコード進行の上にマイクの情感豊かなギターソロが乗っかり、曲はクライマックスを迎え、やがてそのコード進行が美しいコーラスとなって現れると、この上なく神々しい所へと迎え入れられた様な感覚になる。
マイクの音楽の中で最も美しい場所であろう。

<PART 2>
静かにメインテーマが奏でられて始まり、マイクの舞うようなギターが、<PART1>での冒頭のテーマをモチーフにした展開に誘う。 そのテーマをなぞるのは、サリー・オールドフィールドの声で、実に優しい空気を醸し出す。

やがてマイクのミステリアスなギターが曲想をねじ曲げてゆき、重苦しくて激しいギターオーケストラの渦となって全てを飲み込んでしまう。
こんな風にギターを重ねられるセンスも重ねようとするエモーションもマイクならではのもので、凄い世界である。

その渦が突然に姿を消すと、冒頭のテーマが現れ、聴き手にカタルシスを与える。

インパクト  90
テクニック  90
ポップ性   90
コンセプト 100
センス   100
 
COWBELL



Hergest Ridge


2007年03月16日

TUBULAR BELLS / MIKE OLDFIELD 5

チューブラー・ベルズ


Mike Oldfield - Mike Oldfield - Tubular Bells




1.PART 1
2.PART 2

MIKE OLDFIELD    GUITARS、BASS,ORGAN、PIANO、GLOKENSPIEL、etc.
VIV STANSHALL    MC
JON FIELD        FLUTES
LINSAY COOPER    STRING BASSES
MUNDY ELLIS      CHORUS
SALLY OLDFIELD

1973

10代半ばにして、姉サリー・オールドフィールドと共にフォーク・デュオ(サリアンジー)で活動を開始した早熟のマイクは、その後ケヴィン・エアーズのグループのベーシストになる。
エアーズのバンド活動がきっかけで様々な人々と出会い、その中に、まだ小規模なレコード屋であったヴァージンレコードのリチャード・ブランソンが運営するマナースタジオでエンジニアをしていたサイモン・ヘイワースとトム・ニューマンがいた。

マイクの音楽に興味をもったヘイワースとニューマンは、スタジオの空き時間を可能な限りマイクに提供し、ほぼ一年がかりでこの作品を録音する。

その録音は、ほとんどの楽器をマイク自身が演奏し、2000回とも言われるオーヴァーダビングによって行われ、完成した本作は、ヴァージンレコードが興したレーベル第一弾のうちの一枚として発売された。

そして数ヶ月後、映画「エクソシスト」のテーマに本作の冒頭部分が使われ、一気に注目が集まりアルバムが大ヒットしてしまう。この事が現在のヴァージングループの礎となる。

さて、そのサウンドだが、ミニマルミュージックの要素が強くクラシックとケルトの素養を感じさせるもので、すべての根幹になっているのは、マイクのギターのアルペジオのヴァリエイションである。
そのギターの上で膨らんだアイデアやハーモニーを他の楽器に置き換えてゆき、豊かなシンフォニーを作っていったのだが、飽くまでもギターとベースが先導する骨格は露にされており、素朴で洗練されていない印象を受ける。
しかし、それがこの作品のよいところで、愛すべき歪さ、痺れる毒性を孕んでいるのである。
「エクソシスト」が無ければ、元ケヴィン・エアーズのバンドのベーシストによるプログレ隠れ名盤で終わったであろうと思われる程のマニアックな音楽だと思う。

それでも実際に多くの人々の賞賛を得ただけでなく現在まで名盤として語り継がれるこの作品の最大の魅力は、マイクの作るディテールの素晴らしさにあると思う。
マイクの音楽は、トータルな構成力で聴かせる音楽ではなく細部の閃きで聴かせる音楽である。
そこを見落とすとマイクの音楽はとりとめのないものになってしまう。

そして、マイクがこの作品で作り、膨らませていったプロットは、どれも個性的で魅力的であり、彼の音楽の基盤と言えるものばかりである。まるでマイクその人の思考や感情のかたちを音に置き換えたようにさえ思える。
また、忘れてはいけないのは噂されるマイクの神経症的性質である。彼の作る向精神的ともいえるサウンドは、彼自身の精神的なバランスを保つための精神世界のジオラマの様なものであり、マイクは、そこの管理人であり、リスナーの一人でもある。

チューブラーベルズは、シリーズ化され、数枚の続編や企画盤を持ち、現在も尚進行中の真にライフワークと呼べるものである。

大傑作のデビューアルバム。

<PART 1>
「エクソシスト」のテーマになった有名なイントロ。これはマイクのギターのアルペジオが素になったものであり、美しく、変拍子が心地よい。
曲はあくまでもギターとベースが支配してゆく。ギターも素晴らしいが、ベースもユニークで、マイクならではのフレーズのセンスが光るものなので要チェックである。
このギターとベースが先導する風変わりな音楽は、まるでマイクの脳みその中を旅しているような神秘性がある。
特にエンディングで楽器がMCの呼びかけによってエントリーして来るくだりは、かなりヤバい世界。
<PART 2>
とても美しい導入部から深い森に分け入っていく展開もいいし、マイクのピッチを変えたユニークなボーカルが入ったプログレッシヴ・ロックの中間部もいい。そしてその後の漂泊するような曖昧な音世界がけだるくて美しくて最高。素晴らしいグダグダ感である。
そして一転して超軽快なブルーグラス(?)が現れていきなり幕が引かれてしまう。気持ちよく裏切られ、爽快な後味をのこす見事なエンディング。

インパクト 100
テクニック  90
ポップ性   90
コンセプト 100
センス   100

COWBELL

Tubular Bells


マイク・オールドフィールド/ディスコグラフィー 3

Tubular Bells

UK出身のマイク・オールドフィールド(Mike Oldfield)は、デビュー・アルバム『チューブラー・ベルズ』が世界的に有名で知られるプログレッシブロックの雄。

偏屈的・完璧主義者という性格で、音楽スタイルにも表れている。幼少時代は虚弱体質だったらしく、音楽以外のことには自信を持てなかったらしい。ほとんどの楽器の演奏をひとりでこなすマルチ・プレーヤーでもある。

1973年にヴァージン・レコードの記念すべき第一弾アーティストとして、アルバム『チューブラー・ベルズ』でデビュー。いきなり全英1位を記録、このアルバムは現在までにイギリス国内で260万枚を売り上げており、全英歴代トップ30にランクインするほどの大ヒットとなった。また、映画『エクソシスト』のテーマ曲として使用され、一部のフレーズのみではあるが世界的に認知されている。

この成功を受けて、その後も『ハージェスト・リッジ』(全英1位)、『オマドーン』(全英4位)、『ファイブ・マイルズ・アウト』(全英7位)、『クライシス』(全英7位)などのヒット作を立て続けに生み出し、イギリスを代表するアーティストへと上り詰める。また、代表作『チューブラー・ベルズ』のシリーズ作も長年に渡って制作されており、1992年に発表された『チューブラー・ベルズ?』が全英1位を獲得するなど、衰えぬ人気を見せ付けた。

[オリジナル・アルバム]
1973 Tubular Bells
1974 Hergest Ridge
1975 Ommadawn
1978 Incantations
1979 Exposed
1979 Platinum
1980 QE2
1982 Five Miles Out
1983 Crises
1984 Discovery
1987 Islands
1989 Earth Moving
1990 Amarok
1991 Heaven's Open
1992 Tubular Bells II
1994 The Songs of Distant Earth
1996 Voyager
1998 Tubular Bells III
1999 Guitars
1999 The Millennium Bell
2002 Tr3s Lunas aka Tres Lunas
2003 Tubular Bells 2003
2005 Light & Shade

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

INDEX
[PR]



シマンテックストア

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ

Thanks! Comments
Profile
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor 天気
livedoor 天気
Archives
QRコード
QRコード
TagCloud
  • ライブドアブログ