ロック

2008年08月09日

中国とロック  北京オリンピックにちなみ・・・ 4

中国のロックは上海から

中国はその歴史の始まりから多くの国と交流し文化を吸収し独自の音楽を生み出してきたが、今に通じるポップスの始まりは、ということになると1920〜30年代の上海というのが定説だ。
当時の上海は国際都市、海外からの情報もいち早く入り、多くの映画が撮影され、周璇(シュウセン)、李香蘭(リコウラン)といったスターたちが映画主題歌もうたいヒット曲を生み出した。

1949年中華人民共和国が建国されると、多くの制作者・歌手が香港に移住。一方、中国大陸の音楽産業は首都北京に移り、政治色の強い革命歌や民歌が作られ、文化大革命時になると音楽はより厳しく制限されてしまう。が、76年文革が終わるとポップ・シンガーが現れ、人々が好む曲が作られ歌われ、ポップスは大きく発展する。
台湾や香港からの影響も大きかった。特に人気だったのはテレサ・テン(麗君)。
カバー・ベスト・コレクション

テレサのナチュラルなヴォーカルは当時の中国人にとって全く新しいものだった。この時期中国では歌手が続々とデビューし、80年代後半に大きく花開く。

また80年頃にはロックが生まれた。カリスマのツイ・ジェン(崔健)は今も健在。
俺には何もない(一無所有)

その後多くのロック・ミュージシャンがデビューした。
“不倒翁(おきあがりこぼしの意)楽隊(中国語ではバンドのことを楽隊という)”、“白天使楽隊”など、彼らが後に中国ロックを引っ張っていく中核のメンバーとなっていく。

86年5月、国連世界平和紀念百名歌星というコンサートで崔健が当時の中国人の若者の思想を表した「一無所有(イーウースオヨウ、一文無しの意味)」というオリジナルの歌を歌い、衝撃を与える。それ以後彼は中国を代表するロックスターとなった。

崔健によって多くの若者が刺激を受け、86年には“黒豹(ヘイ・バオ)”、87年には“唐朝(タン・ダイナスティ)”がデビュー。後に彼らは崔健と共に中国ロックの代表されるグループとなる。
89年には崔健がファーストアルバム「新長征路上的揺滾(新長征ロック、海外版は一無所有)」をリリースし、史上空前の大ヒットとなった。このアルバムは海賊盤を含め1億枚は売れたとされる。その空前絶後の記録を人々は称え、彼を中国ロックの父と呼ぶ。現在もその位置は不動だ。

しかし、その後、政府から弾圧を受けてしまうことになる。

またポップ・シンガーも、中国ではルックスがよくても歌が下手だと絶対に売れないと永らく言われてきたが、今やそう言えないほど、都市部向けから農村部向け、アイドルから大歌手までポップ・シーンは多彩な様相を呈している。

さて、ここ数年で中国では北京を中心としてロックが盛んになってきている。
プログレの観点からすると、上記の「黒豹」などが近い。

ぜひ、北京オリンピック後にでも現地に行きたいものだ。

中国音楽 リアルプレミアム

にほんブログ村 音楽ブログへ



2007年05月28日

HHAI(LIVE)/ MAGMA 4

Hhai Live

1.KOHNTARKOSZ part1
2.KOHNTARKOSZ part2
3.EMEHNTEHT-RE
4.HHAI
5.KOBAH
6.LIHNS
7.DA ZEUHL WORTZ MEKANIK
8.MEKANIK ZAIN


CHRISTIAN VANDER   drums,vo,piano,per
BERNRD PAGANOTTI  bass,
KLAUS BLASQUIZ     vo,per
DEDIER LOCKWOOD   violin
BENOLT WIDEMANN   keyboads
JEAN-POL ASSELINE  keyboads
STELLA VANDER      vo,
GABRIEL FEDEROW     guitar


1975


前作で鉄壁のフォーマットともいえる圧倒的なサウンドスタイルを確立したマグマ。
その最高の瞬間は、ライヴ作品として記録された。

マグマはライヴバンドとしての評価が高く、この頃のメンツがほぼ最強のもので、
マグマの魅力を伝える最高の作品と言えよう。
しかし、個人的に残念なのは、73年から加入し、ヴァンデと双頭体制でマグマサウンドの確立に貢献してきたベーシストのヤニク・トップが、自己の作品がスタジオ作品で採用されないことでヴァンデと衝突し、一時バンドを離れ、この作品に参加していないことである。
だが、ここがマグマのすごいところで、トップに匹敵するほどの大変なテクニシャンであるパガノッティが参加することで、強力なマグマサウンドの魅力は全く衰える事はなかったのである。

しかも、ヴァイオリンのロックウッドが参加し、信じられないほどの超絶的プレーでヴァンデ以下のメンバーを煽りまくり、バンドの恐るべき能力を引き出している。
当時、ロックウッドは、17歳というから驚きである。未聴のかたは、是非ともチェックしていただきたい。

ロックウッドのヴァイオリンが本作最大の収穫ではあるが、ヴァンデのドラムプレーもマグマ史上1,2を争う素晴らしいものなので、ここにも注目である。

マグマと言えば、本作を最高とする人が圧倒的に多いようである。1,2,8曲目を聴いていただければ納得される筈である。
お薦めの大傑作!


インパクト 100
テクニック 100
ポップ性   50
コンセプト  80
センス    95



COWBELL

Hhai Live


にほんブログ村 音楽ブログへ

2007年03月16日

マイク・オールドフィールド/ディスコグラフィー 3

Tubular Bells

UK出身のマイク・オールドフィールド(Mike Oldfield)は、デビュー・アルバム『チューブラー・ベルズ』が世界的に有名で知られるプログレッシブロックの雄。

偏屈的・完璧主義者という性格で、音楽スタイルにも表れている。幼少時代は虚弱体質だったらしく、音楽以外のことには自信を持てなかったらしい。ほとんどの楽器の演奏をひとりでこなすマルチ・プレーヤーでもある。

1973年にヴァージン・レコードの記念すべき第一弾アーティストとして、アルバム『チューブラー・ベルズ』でデビュー。いきなり全英1位を記録、このアルバムは現在までにイギリス国内で260万枚を売り上げており、全英歴代トップ30にランクインするほどの大ヒットとなった。また、映画『エクソシスト』のテーマ曲として使用され、一部のフレーズのみではあるが世界的に認知されている。

この成功を受けて、その後も『ハージェスト・リッジ』(全英1位)、『オマドーン』(全英4位)、『ファイブ・マイルズ・アウト』(全英7位)、『クライシス』(全英7位)などのヒット作を立て続けに生み出し、イギリスを代表するアーティストへと上り詰める。また、代表作『チューブラー・ベルズ』のシリーズ作も長年に渡って制作されており、1992年に発表された『チューブラー・ベルズ?』が全英1位を獲得するなど、衰えぬ人気を見せ付けた。

[オリジナル・アルバム]
1973 Tubular Bells
1974 Hergest Ridge
1975 Ommadawn
1978 Incantations
1979 Exposed
1979 Platinum
1980 QE2
1982 Five Miles Out
1983 Crises
1984 Discovery
1987 Islands
1989 Earth Moving
1990 Amarok
1991 Heaven's Open
1992 Tubular Bells II
1994 The Songs of Distant Earth
1996 Voyager
1998 Tubular Bells III
1999 Guitars
1999 The Millennium Bell
2002 Tr3s Lunas aka Tres Lunas
2003 Tubular Bells 2003
2005 Light & Shade

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2007年03月13日

アルファ / エイジア 4

Alpha


1983

[曲名リスト]
1.ドント・クライ  Don't Cry
2.偽りの微笑み  The Smile Has Left Your Eyes
3.ネヴァー・イン・ア・ミリオン・イヤーズ  Never In A Million Years
4.マイ・オウン・タイム  My Own Time
5.ザ・ヒート・ゴーズ・オン  The Heat Goes On
6.悲しみの瞳  Eye To Eye
7.時の旅人  The Last To Know
8.トゥルー・カラーズ  True Colors
9.ミッドナイト・サン  Midnight Sun
10.永遠の輝き  Open Your Eyes

1.は当時、TOTO、ジャーニーといったアメリカンポップスが産業ロックと言われたころに同じ路線で大ヒットした曲。当時はプログレとは思わなかった記憶がある。
メンバーはデビュー時と変わらず、音楽性も前作の成功を踏襲している。よりポップでキャッチーな作風が展開され、ほとんどプログレッシブ・ロックの面影はない。

しかし、エイジアにとっては本作が最後のヒットになり、その後はメンバー・チェンジなどが激しくなり、バンドは不安定な状態に入る。

前作同様、プログレという観点で聞いてみると面白いかも。

Alpha


2007年03月11日

詠時感~時へのロマン / エイジア 4

詠時感~時へのロマン


1982

[曲目リスト]
1. ヒート・オブ・ザ・モーメント
2. 時へのロマン
3. 孤独のサヴァイヴァー
4. ワン・ステップ・クローサー
5. タイム・アゲイン
6. この夢の果てまで
7. ウィズアウト・ユー
8. 流れのままに
9. ときめきの面影

[メンバー構成]
ジョン・ウェットン(元キング・クリムゾン〜ロキシー・ミュージック〜U.K.)
Lead Vocals & Bass
スティーヴ・ハウ(元トゥモロー〜イエス)
Guitars & Vocals
ジェフリー・ダウンズ(元バグルス〜イエス)
Keyboards & Vocals
カール・パーマー(元エマーソン・レイク&パーマー)
Drums & Percussion

元イエスのスティーヴ・ハウ、ジェフリー・ダウンズ、元EL&Pのカール・パーマー、キング・クリムゾンやUKで活躍したジョン・ウェットンという強力4人組エイジアの1st。雄大なサウンドが宇宙の彼方まで拡がる。全米ビルボード・チャートで第1位を獲得し、年間アルバム・チャートでもNo.1に輝いた大ヒット作(イギリスでは最高11位)。
このスーパーバンドと言われたタレント揃いのグループだから売れた、ということもあるが、アルバム全体のクオリティは完成されていると思う。

音楽は非常にポップ&コンパクトなものばかりで、かつての壮大な音作りは影を潜めている。いかにも80年代的なサウンドで、その音楽性から「産業ロック」と呼ばれ、往年のプログレ・ファンや音楽評論家からは批判の声も多かった。

しかし、メロディアスなポップ性が高く評価され、全世界で大ヒットを記録した。シングルでも「ヒート・オブ・ザ・モーメント」が全米トップ10にランクインするヒットとなった。本作がエイジアにとって最大のヒットとなったが、ロック全体でも80年代を代表するアルバムのひとつであろう。

詠時感〜時へのロマン


2007年02月24日

Those About to Die Salute You / コロシアム 4

コロシアム・ファースト・アルバム(紙ジャケット仕様)


1968

[曲目リスト]
1. Walking In The Park
2. Plenty Hard Luck
3. Mandarin
4. Debut
5. Beware The Ides Of March
6. The Road She Walked Before
7. Backwater Blues
8. Those About To Die

わずか4枚で解散したブリティッシュ・ジャズ・ロックの雄コロシアムが68年には発表したデビュー作。ジャズやロックだけでなく、さまざまな音楽を吸収したプログレの夜明けを示す名盤。「青い影」をモチーフにした(5)をはじめ、聴くほどになんだか楽しくなる不思議な一枚!

INDEX
[PR]



シマンテックストア

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ

Thanks! Comments
Profile
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor 天気
livedoor 天気
Archives
QRコード
QRコード
TagCloud
  • ライブドアブログ