Can

2009年03月03日

Soon Over Babaluma / Can 4

Soon Over Babaluma
Soon Over Babaluma
クチコミを見る


1974

[曲目リスト]
1. Dizzy Dizzy
2. Come Sta, La Luna
3. Splash
4. Chain Reaction
5. Quantum Physics

ダモ鈴木の代わりにミヒャエル・カローリ、イルミン・シュミットが交互でヴォーカルをとっている。
今まで以上に実験的かつポップな傑作で、且つ、似非ラテン音楽をコンセプトにしたアルバム。「Chain Reaction」はラテンの熱を感じさせない機械的狂騒サンバである。

にほんブログ村 音楽ブログへ



2007年03月04日

Can/ディスコグラフィー

カン(Can)は、1968年に西ドイツで結成されたロック・グループ。1970年代後半のパンク・ニューウェーブ、そしてエレクトロニック・ミュージックに大きな影響を与え、クラウト・ロックの中でも最大級の賛辞を送られているバンドである。


ディスコグラフィー

[スタジオアルバム]

1969年 Monster Movie
1970年 Soundtracks
1971年 Tago Mago
1972年 Ege Bamyasi
1973年 Future Days
1974年 Soon Over Babaluma
1975年 Landed
1976年 Flow Motion
1977年 Saw Delight
1978年 Out of Reach
1979年 Can
1989年 Rite Time

[未発表曲集など]
1974年 Limited Edition
1976年 Unlimited Edition
1981年 Delay 1968
1995年 The Peel Sessions
1997年 Sacrilege(Remix Album)
1999年 Live

Spoon Records.com - The official Can website

2006年06月05日

FUTURE DAYS/CAN 5

Future Days


Future Days

1.FUTURE DAYS
2.SPRAY
3.MOONSHAKE
4.BEL AIR

IRMIN SCHMIDT KEYBOARDS
JAKI LIEBEZEIT DRUMS 
HOLGER CZUKAY BASS
MICHAEL KAROLI GUITAR
DAMO SUZUKI   VOCAL

1973


カンの実験的音楽の完成型とも言えるのが、この5THである。
ジャムセッションの中から音を拾い上げ組み立てていく作曲方法と、楽曲編集のノウハウは、熟練し研磨されて、奇跡的な珠玉の名作を生むに至った。この作品を最高傑作とするのが大方の意見であると思う。
作風は、カラフルでシンフォニック、そして適度にポップ性もあり、結構聴きやすいのだが、カン特有の美的センスに満ち溢れた奥深いものになっている。

1.は、ダモのボーカルラインがとても印象的なカンの中で最も完成された作品。
個々の演奏がとても微妙な表現であるにもかかわらず楽曲は、美しくバランスのとれたものに感じられる。
ここでは、演奏と効果音が同等のエレメントとして作品に投影され、見事なまでに機能しているのである。
これは、他に類を見ないもので、まさにカンの音楽の完成と独自性を見ることができる。


4.は、大作で、ジャーマンロック史上最高のグルーブを持ったアヴァンギャルドでポップな作品である。
この弛緩と興奮が同居する世界は、カンならではのものでとても貴重な場所であると言える。プログレファン必聴、至福の20分間。

インパクト 100
テクニック 100
ポップ性  100
コンセプト 100
センス   100



COWBELL

にほんブログ村 音楽ブログへ



「♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪」初めてテレビに登場したのは昭和37年です。「電話は2番」になったのは、「肉は1番、電話は2番」と宣伝して、その味と共に評判になっている大阪のすき焼きの宣伝文句にヒントを得ました。カステラの文明堂は明治33年に長崎の地で創業しました


EGE BAMYASI/CAN 5

Ege Bamyasi


Ege Bamyasi


[曲目リスト]
1.PINCH
2.SING SWAN SONG
3.ONE MORE NIGHT
4.VITAMIN C
5.SOUP
6.I'M SO GREEN
7.SPOON

IRMIN SCHMIDT KEYBOARDS
JAKI LIEBEZEIT DRUMS 
HOLGER CZUKAY BASS
MICHAEL KAROLI GUITAR
DAMO SUZUKI   VOCAL

1972

時代が進むにつれて益々評価が上がってゆくのがカンの凄いところ。
発表当時もポップな傑作とされたが、現代の方が更に理解しやすく感じられると思う。
そしてまた、カンの先見性に驚かされる筈である。

この4THでも、相変わらずリーベツァイトのドラムが素晴らしいが、今作ではリズムのシャープさよりもカラフルなバリエーションを聴かせ、楽曲に躍動感を与えている。
ダモのボーカルも洗練され、無駄なテンションは全く感じられない。
カローリのギターもコードを上手く壊し、エキセントリックなポップ性を醸し出しているし、シュミットのキーボードは、どの曲でも効果的でとても良い雰囲気を作っている。
更に、シューカイのベースと楽曲編集が最高にセンシティブで、恒久的な奇抜さとポップ性を併せ持ったこの作品のキーポイントとなっている。
7は、テレビの主題歌として本国でヒットした。

<PINCH>
黒っぽくてスピーディーなドラムのシンコペーションがビシバシと決まり、とてもカッコいい。
ギターとベースのプレーは断片的で、空間的な音像が立ち上がる。そして、ちりばめられたノイズも効果的で、演奏された音と同じくらいに
重要である。そんなサウンドの中に浮遊するダモのナイーヴ
なボーカルが良い。高揚感もあるが刹那的な曲。

<SING SWAN SONG>
メランコリックでノスタルジックなアコースティックサウンドなのに、バスドラムは、ジョン・ボーナムのように熱い。そしてダモのボーカルはどこまでも甘美である。
この対比、矛盾こそがまさにオルタナティヴ。レディオヘッドの曲として聴いても
違和感が無いかも知れない。

<VITAMIN C>
ダモが、ジャパニーズ・イングリッシュでビタミン不足を警告する変な歌詞が印象的な曲。
リーベツァイトのドラムが良い。特に、バスドラムはこの人にしか出来ないスリリングな踏み方である。

インパクト 100
テクニック 100
ポップ性  100
コンセプト 100
センス   100

COWBELL

にほんブログ村 音楽ブログへ

[PR]
ハイビジョン液晶TVセット

FOMA・WINカーナビ接続アダプタ

INDEX
[PR]



シマンテックストア

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ

Thanks! Comments
Profile
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor 天気
livedoor 天気
Archives
QRコード
QRコード
TagCloud
  • ライブドアブログ