GRAAF

2008年05月11日

復活第2弾アルバム+α初来日公演が決定!/VAN DER GRAAF GENERATOR

トライセクター



ピンク・フロイドやキング・クリムゾン、ジェネシスらと共に、70年代初頭のプログレッシヴ・ロック・シーンの一翼を担った英国のバンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター。復活第2弾アルバム『Trisector』を5月21日にリリースする彼らが、待望の初来日公演を行なうことが決定した。
 
 ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターは、孤高のヴォーカリスト、ピーター・ハミルを中心に、1967年結成。哲学的な歌詞と実験性に富んだアヴァンギャルドな音世界で、英国のみならず、ヨーロッパ全土で人気を博した。1978年に解散。2004年に再結成を果たし、翌2005年に28年ぶりのスタジオ・アルバム『Present』を発表。往年のファンを狂喜させた。
 
 今回の来日メンバーは、ピーター・ハミル以下、ヒュー・バントン、ガイ・エヴァンスの3人。これまで、ピーター・ハミルのソロでの来日公演はあったものの、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターとしての来日公演は、今回が初。リアルタイム世代はもちろん、すべてのロック・ファン必見のステージとなりそうだ。
 
 〈VAN DER GRAAF GENERATOR 来日公演〉
 6月27日(金)、28日(土)、29日(日) 東京 渋谷 O-West
 料金:自由席 ¥15,000/立見 ¥9,000(前売・すべて整理番号付)
 問い合わせ:Office Ohsawa (info@bigstream.co.jp)

bounce.com

Real&True 〈VAN DER GRAAF GENERATOR 来日公演〉 告知ページ

にほんブログ村 音楽ブログへ

2008年01月14日

The Least We Can Do Is Wave To Each Other/ Van Der Graaf Generator 5

The Least We Can Do Is Wave to Each Other


1969

[曲目リスト]
1. Darkness(11/11)
2. Refugees
3. White Hammer
4. Whatever Would Robert Have Said?
5. Out of My Book
6. After the Flood

Guy Evans   drums, percussion
Hugh Banton  piano, organ, backing vocals
Nick Potter  bass, guitar
Peter Hammill  lead vocals, acoustic guitar, piano on 2
David Jackson  alto & tenor saxes, flute, backing vocals
guest:
Gerry Salisbury  cornet
Mike Hurwitz  cello

1969年発表のセカンド。実質ファーストと捉えるファンも多い。このラインナップからベストメンバーとして暫く活動。
サイケデリックなムードを醸し出し、ハミル中心にした個性的な演奏スタイルが功を奏した作品。バロック音楽とハードサウンドの融合も聴きもの。

60年代サイケデリックファンにもオススメの傑作!!

にほんブログ村 音楽ブログへ

2008年01月13日

The Aerosol Grey Machine/VAN DER GRAAF GENERATOR 4

Aerosol Grey Machine


1969

[曲目リスト]
1. Afterwards
2. Orthenthian st pt 1
3. Orthenthian st pt 2
4. Running back
5. Into a game
6. Aerosol grey machine
7. Black smoke yen
8. Aquarian
9. Necromancer
10. Octopus

Hugh Robert Banton:piano,organ,vocals.
Keith Ian Ellis:bass,vocals.
Guy Randolph Evans:drums
Peter Joseph Andrew Hammill:vocal,acoustic guitar

スターティングメンバー4人にフルート奏者Jeffの5人で1968年7月31日に僅か12時間で録音されたといわれるデビューアルバム。本国イギリスでは発売されず、米国Mercuryレーベルより発売。

「Neccromancer」の代わりに「Giant Squid」という曲が収録されているアルバムが出回り、貴重価値として人気を呼んでいる。
変拍子の多用、大作など、プログレ仕様な作品。美しいハミルの声が聴ける"Afterwards"が絶品。
キース・エリスは録音後に脱退となった。

にほんブログ村 音楽ブログへ

INDEX
[PR]



シマンテックストア

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ

Thanks! Comments
Profile
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor 天気
livedoor 天気
Archives
QRコード
QRコード
TagCloud
  • ライブドアブログ